脳卒中の後遺症になるな!リハビリの重要性!

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

脳出血リハビリ、脳出血を起した後の
後遺症はリハビリにより回復します。

ではリハビリにより、どの位に何処まで
回復ができるのか、不安で心配な方も多いのでは!

早期発見により軽い段階で発見された病状は、かなりの
確立で予後も宜しいのですが、ざんねんな事に発見が
遅れ、倒れた後で病院に搬送される方が殆んどになります。

軽度と重度では、かなりのリスクも伴うことになり、
なので早期の検査が必須な物になるのです。

この脳出血後に一番に残る後遺症は手足の
麻痺になり、これも発症して直ぐにリハビリを
始める事により後遺症を軽減することが出来ます

回復する時期を知ろう!リハビリの効果!

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

リハビリによってどれ位、回復が出きるのかそこが
ポイントになりますが、このリハビリにはを
回復を期待できる期間があるのです。

特にリハビリ開始から3カ月が
急速に回復する期間となっています。

その後4か月から6か月に掛けては
リハビリの回復速度はゆっくりに落ちていくのです。

それから1年にかけ残った後遺症は固定化されます。

概ね開始から3-4か月が一番のリハビリ
期間でもピークになりますね。

しかし身体機能には個人差があるので4-6か月と
根気強くリハビリステーションでリハビリを
続けることで、より先へ回復進めるようになります。

6か月以降・脳梗塞の維持期のリハビリは必要!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

6か月以降は、これまでに獲とくした機能を
維持させるために、新たに維持機能を目的と
されたリハビリへ進みます。

脳出血からの後遺症による手足の麻痺、半身麻痺は、
リハビリに始まりリハビリを続けて行く事になります。

リハビリでも発症後の急性期から回復期それに維持期の
3つがありますが、最後の維持期のリハビリは家の
中での身近な行動の殆んどがリハビリとなるのです。

歯磨き、洋服を着る、トイレへたつ、ご飯をたべる
等、日常の動作での動きがリハビリ訓練となります。

この訓練を続ける事により、生活の質、
安定を維持できるようになります。

介助ばかりしていると後遺症の患者に逆効果!?

327a82681e194997655f811bc13502db_s

家族、周りが後遺症で可哀想だから手取り脚取りやって
あげていたら、本人の訓練で回復された身体の機能も
疎かになり、元に戻ってしまいます。

このリハビリにより完全に元に戻れることは難しくても、
指も開き動かせるようになり、硬くなった肘も曲がる
ようになり、機能改善に向かうことが出きるのです。

根気をもって急がず、ゆっくり進める続けていきます。

これらのようにリハビリで回復可能なケースもあります。

しかし、リハビリは思ったよりきつく、そうなら
ないように脳ドックを勧めたいと思います。

脳ドックが気になる方はコチラ↓
全国各地

脳卒中は治療よりも予防が圧倒的に優先する理由!

b5a00b93f74c710ff9178683d616ffe0_s

短ければたった一時間未満の脳検査で血栓などで
虚血を起こす脳梗塞などを防ぐことができるのです。

前兆が出てから病院へ行けばよいと考えている方も
いますが、肩麻痺などの身体障害で厳しいリハビリを
生涯にわたってする必要が出てくるかもしれません。

後遺障害として、片麻痺だけでなく高次脳機能障害
などの認知機能に影響が及ぶことがあります。

それに、あなただけが苦しむだけでは済まないのです。

あなたの家族等を巻き込んで
介助をするという労力が発生してきます。

そんな大変な思いを周りにさせたいのですか?

脳ドックが全く不要にならない理由

0970a9e9cafd946fe6bbf85e8eead7a4_s

頭の病気を予防しようと考えたら、CTやMRIで
脳血管障害を発見する脳ドックがベストです。

MRIとCTの違いはコントラストの良さで
MRIが脳ドックで使用されるケースが多いのです。

また、頸動脈エコーを使用して動脈硬化を
確認する医療機関もあるのです。

更には認知症の原因となる脳萎縮
まで見つける脳ドックもあります。

脳卒中になる可能性が高くないと脳ドックへは
行かないと思ってはいけません。

なぜなら日本人の死亡原因の
第4位は脳の病気だからです。

脳卒中は発症時すら苦痛を生むケースがある

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

出血性の脳卒中はバットで頭を
殴られたような痛みがあるとも言います。

発症時も、とても苦しくパニックになるでしょう。

更には脳溢血(脳出血)、くも膜下出血などの出血性の
脳卒中は、発症時の死亡率が20%以上と高い確率です。

もっともっと高いという報告もあるくらいなのです。

絶命することや後遺症に悩むことを考えれば脳ドックの
MRIの値段なんてそんなに気になりませんよね!?

入院費やリハビリに費やす料金は
もっと高額になるはずです。

虚血性の疾患は意外と多い!脳ドックをおススメ!

327a82681e194997655f811bc13502db_s

虚血性とは血が上手く流れず
不足状態になってしまうことです。

脳の血流に影響が出ると脳梗塞、心臓
なら心筋梗塞になるリスクが上がります。

このような虚血性の疾患の原因は
動脈硬化が原因とも言われています。

カロリーの高い食事を好んだり、運動不足が
原因でこの状態になりやすいのです。

一度、脳卒中を発症したら脳卒中の再発に努めるだけ
でなく
後遺症にも苦労しないといけません。

脳の病気をしっかりと予防したい方はコチラ↓
全国各地

閉所恐怖症の方にお伝えしたい!オープンMRIの脳ドック

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_sMRI装置に入って検査をされたことがありますか?

30分の間、狭くて暗いドーナツ状の
中で工事現場のような音がしますよね。

これが嫌でMRI検査を避けられている
方は多いのではないでしょうか?

また、脳ドックの検査項目の一つにMRIが
あるから、脳ドックを受けようか迷って
おられる方もいらっしゃると思います。

暗くて狭いMRIしかないと思っていませんか?

MRI装置は一種類と思っていませんか?

施設によってはオープンMRIがあります。

オープンMRIは広く開放された環境で
MRIやMRAを受けることが出来ます。

閉所恐怖症の方はトラウマになるような検査、
嫌な思いをずっと我慢する検査を受けなくて良いのです。

オープンMRIで防げる脳卒中

pl-2014291655789
MRI装置による検査ではMRIで脳を輪切りにした
脳そのものの状態を観察し、MRAでは脳や頚の
血管を映し出して観察することができます。

そのほかにも、問診や診察、CT、頚動脈エコー、
心電図、尿検査、血液検査、動脈硬化検査等の
検査によって脳ドックは構成されています。

検査内容や価格は施設によって異なりますが、症状が
出ていないような脳梗塞、脳出血、未破裂の脳動脈瘤、
血管がせまくなっている箇所等を見つけることができます。

将来、脳卒中になる前の状態が見つかるのです。

誰もが健康でありたいと思い、忙しい中でも食事や運動、
喫煙、飲酒等に少しでも気をつけて生活していると思います。

しかし、脳の中までは、見ることができません。

脳の健康状態を知るためには脳ドックを受けるのが一番!

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

生活習慣、体質やストレス等様々な
要因が脳卒中のリスクとなります。

あの時、脳ドックを受けておけばよかったと
思っても時間は巻き戻せません。

後悔をしないためにも、今の脳の
健康状態を知っておきませんか。

閉所恐怖症のために脳ドックを避けていた方は
オープンMRIを選んで将来の脳卒中を防ぎましょう。

この閉所恐怖症でも大丈夫なMRIで検査を受けましょう。

MRIの検査なしに、脳卒中の原因となる
無症候性脳梗塞や未破裂脳動脈瘤は
見つけられないのです。

新オープン

 

くも膜下出血になったご家族はいませんか?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s
くも膜下出血は血流や血圧の負担がかかってできた
血管の瘤がくも膜下腔で破裂してしまう病気です。

この瘤のことを脳動脈瘤といいます。

この脳動脈瘤が破裂すると、後頭部をハンマーで
殴られたような今まで経験したことがないような
激しい痛みに襲われます。

その他に、吐き気や嘔吐、
意識障害を伴う場合もあります。

痛みなどの苦しみに耐えるより脳ドックをお勧めします。

くも膜下出血になられたご家族はどのような症状?

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s

出血の程度では軽症で済む場合もありますが、重症に
なると死亡または、重度の後遺症が出る場合があります。

くも膜下出血になりやすいリスクの一つにくも膜下出血
になったご家族がいるという因子があります。

また、以前に一度くも膜下出血を
起こしたという因子もあります。

あなたはどうでしょうか?

くも膜下出血でいきなり
死んでしまうケースもあります。

原因となる未破裂脳動脈瘤の発見はMRI等の
検査をしなければわかるはずがありません。

今すぐ脳ドックに行くのがベストの選択なのです。

くも膜下出血の前兆に気付けますか?

64848fba98ea48f4ea562736fd34812f_s

くも膜下出血の前兆として、発症する数日前から血圧の
乱高下がある、頭痛、めまい、吐き気、物が二重に
見えるといった見え方の異常等があります。

しかし、半数以上の方には何の前ぶれ
もなく発症するといわれています。

脳動脈瘤がかなり大きくなるか、破裂するまで
ほとんど症状を現さないのです。

そして、破裂すると半数以上の人が死亡するか、社会
復帰が難しい後遺症を持つことになるといわれています。

たったの数十分のMRIで脳卒中が
防げるならもう受けるしかないのです。

脳ドックで未然に防ごうくも膜下出血

e9589edcac97a392e64c47a1d68ea113_s

脳動脈瘤の瘤は非常に薄く弱い状態です。

頭の外からは脳動脈瘤があるかどうかはわかりません。

症状が出てから調べてみるのでは遅い場合もあります。

ご家族にくも膜下出血になられた方がいる場合、
一度くも膜下出血を起こして一命を取り留めた方は
一度脳ドックを受けてみてはいかがでしょう。

未破裂のまま脳動脈瘤の治療を受けた方の場合は、
リハビリテーションの必要性も少なく、破裂した
人たちよりも早く回復するといわれています。

脳ドックを受けて未破裂の脳動脈瘤がないか
調べてこれからの人生を変えてみませんか?

全国各地

脳ドックに興味のある方必見!脳ドックで見つかる病気って?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s
脳ドックに行こうかどうしようか迷って
いる方、脳ドックではどんな病気が
見つかるかご存知ですか?

脳ドックは脳の状態を詳しく
検査できる脳の健康診断です。

MRIでは脳の状態をMRAでは
脳の血管の状態を知ることができます。

MRIの他にも問診や診察、CT、頚動脈エコー、
心電図、尿検査、血液検査、
動脈硬化検査があります。

簡単な項目では40分程度で終わる場合もありこれで
将来の安心が得られるのなら脳ドックに行くべきです。

脳卒中は簡単な内容の検査からはじめませんか?

b5a00b93f74c710ff9178683d616ffe0_s

脳の状態を知るには最適!効果的な脳ドック

脳ドックを受けることで、まだ症状が出ていない脳内の
小さな出血である無症候性出血を見つけることができます。

また、自覚症状のない無症候性脳梗塞も発見できます。

これは将来の脳梗塞の危険性が高いものです。

くも膜下出血を引き起こしかねない
脳動脈瘤の有無も発見できます。

それ以外でも、早期発見が重要な脳腫瘍や脳梗塞の
原因になりかねない頚動脈狭窄、脳出血の引き金と
なるかもしれない先天性の脳動静脈奇形の
有無も調べることが出来ます。

今あなたの脳に無症候性脳梗塞が潜んでいるかも!?

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s

無症候性脳梗塞や、未破裂脳動脈瘤を
放置しておくと将来の脳卒中、脳腫瘍の
悪化を招く可能性が高くなります。

脳の病気の発症は突然ですが、
後遺症は長く続く場合が多いです。

手足に麻痺が残る、物を飲み込みにくい、
名前や場所がわからない、言葉が話せない、
話の内容が理解できない等の様々な障害が出ます。

また、脳卒中は寝たきりの原因第1位にもなっています。

命を取り留めてもなかなか元の
生活に戻るのは難しいかもしれない病気です。

思い立ったらその時に受診しよう脳ドック!

脳ドックでしか発見できない脳卒中の前兆もあります。

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

自覚症状が出てからでは進行している場合もあります。

あの時やっぱり受けておけば
よかったのでは遅いのです。

時間は常に進んでいます。

思い立ったらその時に受けませんか?

たった40分程度で将来の脳卒中や
様々な後遺症を防げるかもしれません。

脳ドックでないと脳の病気の予防はできないのです。

今、脳ドックに行くのを面倒くさがったばかりに
将来、脳卒中を起こし後遺症に悩みたくない方はこちら↓
全国各地

 

脳卒中にならない自信はありますか?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳卒中とは脳の中の血管が破れて出血する
脳内出血、くも膜下腔で出血するくも膜下出血や
脳の血管が詰まって起こる脳梗塞等の総称です。

脳卒中は動脈硬化によってリスクが高まります。

年齢と共に自然に動脈硬化は進みます。

また、さらにその人の生活習慣に
よっても進み方は異なります。

あなたの生活習慣はどうでしょうか?
規則正しい生活、食生活を遅れていますか?

脳卒中にならない自信とは
脳ドックを受けることだけなのです。

脳卒中になりやすいリスクに当てはまっている!?

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

規則正しい生活習慣、食生活、運動にいくら
気をつけていても家族の中で脳卒中になった方がいる
場合は、脳卒中になるリスクが高まります。

また、日々の生活習慣の積み重ねや体質によって高血圧、
脂質異常、糖尿病、肥満になってはいませんか?

これらも動脈硬化を進める要因であり、
脳卒中のリスクとなります。

また、喫煙や多量の飲酒も脳卒中のリスクとなります。

ついついタバコを1本2本‥、お酒を1杯、2杯‥と
喫煙本数や飲酒量は増えていませんか?

ストレスも脳卒中になりやすいリスクとなります。

仕事、人間関係等色々なストレスが
ありますが、ストレスは目に見えません。

また、知らず知らずのうちに体を蝕んでいます。

脳卒中になりやすいリスクは
日常生活のいたるところに潜んでいます。

迷う暇はない!脳卒中は待ってくれない!今すぐ脳ドック!

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

もし、脳ドックの受診を迷っておられる方が
いれば、受けておいて損はありません。

脳ドックは脳の健康状態を
知る一つの手がかりとなります。

もし、早めに悪いところが見つかれば早く対処できます。

また、見つからなかったとしても今の脳の状態に
悪いところはないと不安なく生活を送れます。

脳卒中は中高年以降の病気と考えがちですが、
30代での脳梗塞発症例もあります。

少しでも脳卒中のリスクがある方で脳ドックの
受診を迷っているのなら、脳ドックを受けて
安心できる生活を選びませんか?

全国各地

脳ドックを避けて脳の病気は予防できない!?

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

脳ドックの医療機関を探して予約して
検査するのはわずか数時間で終了します。

これにより将来脳卒中で死んだり、
後遺症で苦しむことを回避できるのです。

みなさん、日本国民の生活習慣病死因
第3位が脳卒中だということはご存知ですか?

脳に関する病気はいきなり全身を襲い、
そのまま死に至ることも少なくありません。

その根源は静かに身を潜め、
一気に爆発する恐ろしい病です。

脳卒中は恐ろしいということを忘れてはいけませんが、
脳ドックで防げることも忘れないようにしましょう。

安くて早くて安心を得られる脳ドック

0f05689714c835586b40eaa96c627afc_s

そんな恐ろしい脳の病気を発見するために
有効なのは脳ドックしかありません。

脳ドックを受けるだけであなたの
将来を変えることができるのです。

価格は4万円〜9万円です。

高い!と思われる方もいるかもしれませんが、
脳卒中の発作になって病院に運ばれたり
その後の後遺症のリハビリによる治療等では
この程度の金額では済まないのです。

MRIやMRA、CTなどの画像検査から血液検査・
尿検査・心電図・頚部超音波など 基本的には
このような検査で診断していきます。

脳ドックを受ける時間がない!そんな言い訳はしない!

7aee54cd73ce6fb269cfe529796d453d_s

脳ドックを受けたいでも時間がない人の
ためにMRIやMRAのみの検査もあります。

30分程度で終了するのに加え、価格が
2万円以下の脳ドックもあります。

MRIやMRAでしたらその日に結果を
教えてくれる病院もあります。

20代でも脳の病気は発症します。

40歳過ぎたら一度は脳ドックへと言いますが
20歳から受診することをお勧めします。

脳にある異常は自覚症状がないものも多くあります。

未破裂動脈瘤は検査をしなければ分かりません。

ですが逆に言うと検査をすれば発見出来るのです。

脳梗塞・脳出血が発症すると死ぬかも!?

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_s
動脈瘤が破裂すると生死に関わります。

早期発見をすれば薬での治療法も可能です。

何度も言いますが、脳に関する
病気はいきなり身体を襲います。

命は救われたとしても、重い後遺症が
残る確率もかなり高いです。

特に発症が多くなる40代の方々は仕事も
まだまだこれからという世代ですよね。

半身不随や言語障害・記憶障害が出てしまうと今までの
生活を送ることは まず不可能だと思われます。

でも脳ドックを受ければその可能性を無くすことが出来るんです。

後遺症になってからでは遅い!早め早めの脳ドック

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

それに比べたら検査の費用や
時間はなんてことないと思いませんか?

後遺症で後悔をする前に 近くの脳外科に
脳ドックを受けに行くことをお勧めしますよ。

あなたのこれからの幸せな人生のために。

愛する家族のために。

是非 検査を受けてください。

自治体によっては補助金もでているようなので
各自治体に問い合わせてみるといいかもしれません。

一度 検査をすれば安心できますからね。

すぐに脳ドックを受けたい方はこちら↓
全国各地